CO2ケミカル・燃料化技術の最前線と戦略・市場の将来展望 2023年版(2020年~2050年)

当該調査はCO2を資源として捉え、ケミカル利用、燃料利用、および鉱物・化成品利用の3分野にて、全10品目の個別市場分析を実施しております。2050年までの国内市場規模予測、および定性的な市場動向を整理しています。

発刊日:2023年8月10日 制作:アックスタイムズ株式会社

全10品目のCO2資源化市場について、定量・定性の両面から分析

CO2ケミカル・燃料化技術の最前線と戦略・市場の将来展望
  • カーボンニュートラル実現に向けて、必須となる取り組みが「CO2資源化」です。CO2を資源として捉えることで、削減しきれないCO2を能動的に削減する脱炭素化施策となります。
  • CO2資源化にはケミカル利用、燃料利用、鉱物・化成品利用の方向性があり、日本政府でも「カーボンリサイクルロードマップ」を策定し、国策として注力する方針を示しています。
  • 本調査では、パラキシレンやe-fuelなど計10品目について、それぞれ2050年までの国内市場規模を分性、および参入企業動向や政府の支援策など定性的な整理によって、市場動向を整理しました。

本レポートから得られる内容

  • CO2資源化に関する全10品目の国内市場規模分析
  • ファーストムーバーとして市場参入している事業者動向、日本政府の取り組み
  • CO2資源化技術が求められる社会的背景や注目トピックス

こうした方にオススメ

  • 脱炭素化に関する事業計画や戦略を策定する立場の方
  • 新エネルギーベースの事業構造への転換を新規に企画している方
  • CO2の有効的な活用方法、技術開発の動向を整理したい方

目次

Ⅰ.総合分析

1.CO2資源化市場の全体俯瞰
(1)脱炭素化に向けた市場の位置付け
(2)市場規模推移と市場動向のポイント
(3)CO2資源化技術が求められる社会的背景
(4)グローバル市場を見据えた日本の方向性
2.市場規模予測(2020年~2030年/2035年/2040年/2050年)(金額ベース/日本)
(1)カテゴリ別市場規模
(2)個別市場規模
3.社会実装に向けたマイルストーン(2020年~2050年)
4.政府・公的機関の動向
(1)NEDO・GI基金による技術開発支援状況
(2)社会実装・事業自立化に向けて議論されているポイント
5.カーボンクレジット・イニシアチブの動向   
(1)CO2国際取引におけるCO2排出量算定の考え方・ルール化の動き
(2)CO2資源化に関するクレジット活用の動向・方向性
(3)国際ルール・イニシアチブの種類と動向
6.CO2回収・貯留技術の概況
(1)CO2回収・貯留技術の位置付け
(2)技術領域別動向
7.社会実装に向けたトピックス
(1)CO2資源化市場を構成する主要企業・組織
(2)化学品メーカーの戦略・方向性
(3)水素・再エネとの関係性
(4)グローバル市場展開を想定した際の課題・留意事項

Ⅱ.個別市場分析

ケミカル利用
(1)ポリカーボネート
(2)ポリウレタン
(3)パラキシレン
(4)メタノール
燃料利用
(1)e-methane
(2)e-fuel
(3)バイオメタノール
(4)バイオ燃料
鉱物・化成品利用
(1)セメント・コンクリート・炭酸塩
(2)バイオプラスチック

[Ⅱ.主要国・地域別分析 共通調査項目]
➀市場概要 
②市場規模推移(日本)(2020年~2030年/2035年/2040年/2050年)
③アプリケーション動向 
④技術課題・市場課題
⑤主要参入事業者の動向 
⑥政府による支援方針
⑦コスト/価格動向 
⑧CO2排出原単位指数/CO2排出削減量の動向

調査概要

調査目的|CO2資源化に関する市場規模の把握と市場動向を捉えるための情報の提供
調査対象|化学品メーカーやエネルギー事業者など、CO2資源化の技術開発に取り組む事業者
調査範囲|国内
調査手法|業界ヒアリングおよび公開情報調査をベースに専門市場調査員が整理・分析
調査期間|2023年6月~2023年8月
調査実施|アックスタイムズ株式会社

事前にレポート内容を確認することはできますか?

[A. コンサルタントとのオンライン面談でのご確認]
コンサルタントとのオンライン面談を設定いたします。試読の範囲で、レポート全体のご紹介が可能です。(無料)

[B. 会員向け情報ナレッジサービスでのご確認]
事前に会員登録が必要となります。弊社が任意で付与する無料ポイントの範囲で内容をご覧いただけます。

お問い合わせフォームまたはWEBチャットでご連絡ください

制作チーム

axetimes

│担 当│アックスタイムズ株式会社 新時代エネルギー・脱炭素テック担当

│略 歴│主に国内外のエネルギー・脱炭素領域の調査を実施。再エネ・省エネ・蓄エネ、電力システム改革・ガスシステム改革、脱炭素・SDGsなどのテーマについて、数々の調査を実施。デバイスレベルからエネルギー事業者、政策まで、エネルギーと脱炭素周りの領域を範疇としています。

│実 績│(公開可能な実績の一部を掲載)
CO2ケミカル・燃料化技術の最前線と戦略・市場の将来展望 2023年版
海外の水素関連政策から読み解くグローバル水素市場の展望と日本の位置付け
脱炭素を推進する米国スタートアップ391社 及び 次世代技術トレンド徹底調査
脱炭素関連国内注目スタートアップ110社の事業動向・技術キーワード調査
デジタルプロダクトパスポートのグローバル政策・業界対応・市場動向に関する調査 2023年版
[米国版調査] カーボンニュートラル政策の取り組み実態と将来展望
※米国版に加え、欧州版中国版インド版ドイツ版イギリス版を発刊しております。

関連する内容で個別依頼のカスタム調査は可能ですか?

[A. 市場調査代行で対応いたします]
御要望に応じた仕様書に沿ったカスタム調査を実施します。調査対象・目的が明確な場合に適しています。

[B. 伴走型情報支援サービスで対応いたします]
月極契約(サブスク)で貴社の事業開発に伴走支援します。専門的な知見やリサーチの手が不足しているときに適しています。

お問い合わせフォームまたはWEBチャットでご連絡ください

商品概要

[CO2資源化・カーボンリサイクル調査企画]CO2ケミカル・燃料化技術の最前線と戦略・市場の将来展望 2023年版


[発刊日]
2023年8月10日

[体 裁]
PDF_Slide16:9_124pages(レポート部分は117pages)

[税込価格]
事業所ライセンス版PDF  99,000円(税抜90,000円)
企業ライセンス版PDF   148,500円(税抜135,000円)
グループライセンス版PDF 247,500円(税抜225,000円)

[ご担当者様へ]
CO2資源化は化石燃料ベースで構築された勢力図を刷新し、新しいビジネスチャンスを生み出す領域です。
2050年までの市場規模予測、参入企業や政府の動向などから、貴社のビジネスチャンスの想起にお役立てください。

グループライセンス版のご案内

オプション:製本版(価格はこちら

オプション:オンライン説明会

調査担当者より貴社のフォーカスに合わせた説明を実施/質問も自由で調査報告書に掲載していない裏話が聞けることも特徴です
こうした方にオススメ:調査担当者からの説明で理解を深めたい方、調査報告書を読む時間がない方
(ご参加は5人以内でお願いしておりますが、事前相談により調整が可能です。なお、原則、録画・録音・撮影等はお断りしております)
(専門家調整やスケジュールなどの状況次第で応じられない場合もございます。発注前に可否を確認されたい場合、事前にお問い合わせください)

(ご発注から2カ月以内の日付にて開催をお願いしております。お客様側の日程調整・参加者調整等の不調によるキャンセルはお受けできかねます)

[特記事項]

  • 本商品は法人・機関様向けのみに販売しております。個人の方のお申し込みはお受けできません。
  • お申し込みは、商品紹介サイトのWEBフォームまたは申込書のメール添付(PDF)にてご連絡ください。
  • ご注文後に弊社からの連絡を以って受注とさせていただきます。
  • お支払いは請求書払いにてお願いしております。
  • お見積書・ご納品書などが必要な際は、お問い合わせください。
  • ご請求書などの証憑は、原則PDFにてご提供しております。紙での証憑が必要な場合、通信欄にてお知らせください。
  • 電子データ商品(PDF等)はダウンロードサイトまたはメール添付にてご納品します。
  • 通常、3営業日以内のご納品となります。お急ぎの際は当日・翌日対応も可能ですので、通信欄にてお知らせください。
  • 情報・データ等の商品の性質上、ご納品後のキャンセルや返品はお受けできません。

[調査レポートの利用規約]

ライセンスごとの適用範囲はどのようになっていますか?

[ライセンスの取り扱いにつきまして]
「企業ライセンス版」が標準推奨となります。事業所内に利用者を限定できる場合のみ「事業所ライセンス版」をご選択ください。
「事業所ライセンス版」をお求めの際は、お申し込み時のご住所でご利用ください(ライセンス権の移転はできません。ただし、事業所の拠点自体が移転した場合は移転先)。なお、購入部門と利用事業所が異なる場合、お申し込みの際に通信欄にてお知らせください。
「グループライセンス版」のグループ企業には、議決権66.7%以上の資本が入る国内外の子会社、議決権66.7%以上の資本を受ける親会社を含みます。実際の共有範囲につきましては、お申し込み時の企業にて管理できる範囲でご利用ください。お申し込みの際に共有されるグループ企業をお知らせください。なお、共有範囲の違反が判明してからの追加はご遠慮しており、共有範囲に変更が生じる際は事前にご相談ください。
子会社:直接子会社のみが含まれ、孫会社(子会社の子会社)は含まれません。
親会社:直接の親会社のみが含まれ、祖父会社(親会社の親会社)は含まれません。
注. 企業ユニットが異なるカンパニー制の企業グループで共有される場合、グループライセンス版をご選択ください。

CO2ケミカル・燃料化技術の最前線と戦略・市場の将来展望 2023年版

PDFダウンロード - 印刷用 または ファイル共有用としてご利用ください

「社内共有資料」または「稟議時の添付資料」としてご利用ください

※ Googleドライブのダウンロードリンクでのご案内となります

お問い合わせフォーム

お問い合わせ件名

[CO2資源化・カーボンリサイクル調査企画]CO2ケミカル・燃料化技術の最前線と戦略・市場の将来展望 2023年版

    ご希望(必須)

    ご選択(任意)

    通信欄(伝達事項・御要望など)(任意)

    ご連絡先

    貴社名(必須)

    ご部署名(任意)

    ご芳名(必須)

    ご住所(サービス提供に必要な場合、必須)

    メールアドレス(gmail以外。gmailは届きません)(必須)

    TEL(直通電話番号もしくは代表電話番号)(必須)

    FAX(任意)


      (リンクを別タブで表示します)

    セキュリティ設定などの要因により、送信を完了できないことが御座います。
    その場合、恐れ入りますが、電話またはWEBチャットにてお問い合わせください。