海外の水素関連政策から読み解くグローバル水素市場の展望と日本の位置付け

当該調査では、日本との関わりが強い米国、欧州、中国、韓国、オーストラリア、中東、および新興国の中でもエネルギー政策を強化しているインドや南米など、幅広い国・地域の水素関連政策を調査することで、グローバル市場における水素市場の展望と日本の位置付けを分析しました。なお当レポートは、国内市場・業態別動向を軸に分析した「水素エネルギー陣営・政府の戦略と市場の最前線」に次ぐ[水素戦略・市場展望シリーズ]の第2弾となります。

発刊日:2023年6月6日 制作:アックスタイムズ株式会社

全11ヵ国・地域の水素関連施策を分析し、グローバル水素市場の展望を分析

  • カーボンニュートラルの実現に向けて、「水素」を活用する動きがグローバルで進んでいる。水素は水から製造でき、燃焼時にCO2を排出しないクリーンエネルギーであり、脱炭素化の重要なファクターとなっている。
  • 一方で、水素供給価格などの課題から、民間企業が単独でビジネスを展開するハードルは高く、政府の支援が重要なフェーズでもあり、日本を始めとした主要国・地域が相次いで水素関連政策を策定している。
  • 本調査では、日本と関わりが強い米国、欧州、中国、韓国、オーストラリア、中東、および新興国の中でもエネルギー政策を強化しているインドや南米など、幅広い国・地域の水素関連政策を調査することで、グローバル市場における水素市場の趨勢と日本の位置付けを分析しました。

本レポートから得られる内容

  • 海外11ヵ国・地域の水素関連政策・主要企業・協会の概要
  • 「水素輸出型」「地産地消型」「水素輸入型」「ハイブリッド型」に分類した各国・地域の動向
  • グローバル水素市場において水素輸入国となる日本の課題・トピックス

こうした方にオススメ

  • エネルギー会社、エンジニアリング会社などで水素関連の事業計画・戦略を策定する立場の方
  • 水素(脱炭素)関連市場へのビジネスを新規に企画している方
  • 脱炭素関連市場における海外政府の注力ポイントを整理したい方(当調査は水素ベースで整理)

目次

Ⅰ.総合分析

1.主要国・地域における水素政策の動向と方向性
(1)グローバル水素市場の展望
(2)水素に関する国家施策・ロードマップの策定状況
(3)水素関連の中長期的な達成指標・マイルストーン(2020年~2050年)
(4)各国・地域における水素活用の方向性
2.グローバル水素市場および日本の位置づけと将来展望(2022年~2050年)
(1)カラー別グローバル水素供給量(グリーン水素/ブルー水素/グレー水素)と日本の位置付け
(2)日本のカラー別水素供給量シミュレーション(グリーン水素/ブルー水素/グレー水素)
(3)再エネキャリアであるグリーン水素調達に関する課題
3.グローバル水素市場の動向と日本の位置付け
(1)水素の輸出入に関する各国・地域の位置付け(自給自足型/輸出型/輸入型/ハイブリッド型)
(2)日本を取り巻く主要国・地域との関係性
(3)グリーン水素生産国の概況と日本との親和性
4.水素輸入国である日本の課題・トピックス
(1)国際水素サプライチェーンにおける水素キャリアの概況(液化水素/アンモニア/MCH/e-メタン)
(2)水素キャリアに関する注目技術
5.グローバル水素市場への参入を想定した際のポイント・留意事項   
6.水素社会実現に向けた国際的な組織・協会・団体

Ⅱ.主要国・地域別分析

米国
欧州
ドイツ
4.イギリス
フランス
中国
韓国
インド
9.オーストラリア
10中東(サウジアラビア・UAE・その他)
11南米(チリ・ブラジル・その他)
12その他の国・地域

[Ⅱ.主要国・地域別分析 共通調査項目]
(1)脱炭素化推進に向けた水素関連政策の概況・方向性
(2)水素関連政策
(3)水素関連の推進機関・協会・団体
(4)水素関連企業
なお、「12.その他の国・地域」については、「水素関連政策」、「水素関連企業」のみを調査した。

[調査対象 政策]

[米国]
Energy Earthshots Initiative
H2Hubs
IIJA
Inflation Reduction Act(IRA)
National Clean Hydrogen Strategy and Roadmap
ゼロエミッションビークル(ZEV)規制

[欧州]
EU Innovation Fund
Fit for 55
Green Deal Industrial Plan
REPowerEU
EU水素戦略

[ドイツ]
H2 Global
国家水素戦略
ドイツ水素行動計画2021-2025
みらいパッケージ
バイエルン州 水素ロードマップ
バーデン=ヴュルテンベルク州 水素ロードマップ
ノルトライン=ヴェストファーレン州 水素ロードマップ

[イギリス]
イギリス水素戦略
エネルギー安全保障戦略
グリーン産業革命のための10項目計画
水素セクター開発行動計画
水素対応ボイラー義務化
ネットゼロ戦略

[フランス]
エネルギー移行のための水素普及計画
航空産業支援計画
フランス2030
フランスにおけるカーボンフリー水素開発の国家戦略

[中国]
グリーン水素認証制度
水素エネルギー産業発展中長期計画
上海市 臨港新エリア水素エネルギー産業支援策
上海市 水素エネルギー産業発展実施計画
北京市 水素燃料電池自動車用水素ステーション発展計画
北京市 水素エネルギー産業発展実施計画
広州市 水素エネルギーインフラ発展計画
広州市 水素エネルギー産業発展計画

[韓国]
2050カーボンニュートラル推進戦略
水素経済政策/3up戦略
水素先導国家ビジョン
水素経済活性化ロードマップ
水素経済の育成および水素安全管理に関する法律(水素法)
第1次水素経済履行基本計画
ニューディール総合計画/グリーンディール

[インド]
グリーン水素/アンモニア政策
国家グリーン水素ミッション
国家水素ミッション

[オーストラリア]
Australia‘s Long Term Emissions Reduction Plan
Australia’s National Hydrogen Strategy
Hydrogen GO
低排出技術ステートメント
ニューサウスウェールズ州 水素戦略

[中東・南米・その他]
[UAE] UAE水素リーダーシップロードマップ
[ブラジル] Baseline to support the Brazilian Hydrogen Strategy
[ブラジル] PNH2(国家水素プログラム)
[チリ] グリーン水素国家戦略
[カナダ] カナダ水素戦略
[シンガポール] 国家水素戦略
[ロシア] 水素エネルギー開発行動計画
[モロッコ] グリーン水素ロードマップ

[調査対象 組織・協会・団体]

[グローバル]
ASEAN Centre for Energym
Global Green Hydrogen Forum
Hydrogen Energy Ministerial Meeting
IEA
International Hydrogen Fuel Cell Association
IPHE
World Hydrogen Council

[米国]
Alliance for Renewable Clean Hydrogen Energy Systems(ARCHES)
American Hydrogen Association(AHA)
Fuel Cell and Hydrogen Energy Association(FCHEA)
Hydrogen and Fuel Cell Technologies Office(HFTO)
National Energy Technology Laboratory(NETL)
Renewable Hydrogen Alliance(RHA)

[欧州]
Clean Hydrogen Joint Undertaking
European Clean Hydrogen Alliance
Hydrogen Europe
Hydrogen Europe Research

[ドイツ]
Hydrogen Center Bavaria(H2.B)
H2Global Stiftung(H2Global財団)
TÜV Rheinland
国家水素評議会
水素調整局
政府次官水素委員会

[イギリス]
Hydrogen UK
Net Zero Hydrogen Fund(NZHF)
UK Hydrogen and Fuel Cell Association(HFCA)

[フランス]
France Hydrogène

[中国]
中国水素連盟

[インド]
インド工業連盟(CII)

[韓国]
Korea Hydrogen Distribution Institution(KHYDI)
Korea H2 Business Summit
Korea Hydrogen Energy Network
水素融合アライアンス推進団

[オーストラリア]
Australian Hydrogen Council
Australian Association for Hydrogen Energy
Hydrogen Society of Australia
Zero Carbon Hydrogen Australia

[中東]
Public Investment Fund(PIF)
Supreme Petroleum Council(SPC)

[南米]
CORFO
H2 PERÚ

[調査対象 企業]

[米国]
Air Company
Bloom Energy
C-Zero
Chevron
ExxonMobil
First Element Fuel
FuelCell Energy
Honeywell
Hyzon Motors
Frontier Energy
HIF Global
Mitsubishi Power Americas
Osaka Gas USA Corporation
Plug Power
PNW Hydrogen
Tallgrass MLP Operations
Verdagy

[欧州]
ArcelorMittal
Floene Energias
Haldor Topsoe
Hexagon Purus
Iberdrola
N.V. Nederlandse Gasunie
PowerCell
SSAB
Stellantis

[ドイツ]
BMW
Bosch
Daimler Truck Holding
E.ON
EnBW Energie Baden Wuerttemberg
Gasunie
H2 MOBILITY Deutschland
HH2E
Hydrogenious LOHC Technologies
RWE
Siemens Energy
ThyssenKrupp

[イギリス]
AFC Energy
Cadent Gas
Ceres Power Holdings
ITM Power
Hydrogen Vehicle Systems (HVS)
Ryze Hydrogen

[フランス]
Air Liquide
Lhyfe
McPhy Energy
Plastic Omnium
Symbio a Faurecia Michelin Hydrogen Company
Technip Energies
Total Energies
Qair

[中国]
Baosteel Group Corporation
Beijing SinoHytec
Jilin Electric Power
Pearl Hydrogen
Refire
Sinopec Group
SPIC HYDROGEN ENERGY TECH
United Fuel Cell System R&D(Beijing)

[韓国]
Doosan Fuel Cell
Hyundai Mobility
LOTTE Chemical
POSCO
SK Group

[インド]
ACME Group/ACME Solar
Adani Group
Greenko Group
NTPC
Tata Steel

[オーストラリア]
CS Energy
Elixir Energy
Energys Australia
H2X Global
Hazer Group
Horizon Power
LAVO System
Pure Hydrogen
Santos
Woodside Petroleum

[中東]
ACWA Power
Abu Dhabi National Oil Company(ADNOC)
Emirates Steel Arkan
NEOM Green Hydrogen Company

[南米]
AES Andes
Colbún
Enaex
ENGIE ENERGÍA PERÚ
Gasvalpo
Neoenergia
Pharma Energias Renováveis

[その他]
EverWind Fuels
Gazprom
Halcyon Power
Hatch Engineering
Hiringa Refuelling New Zealand
Keppel Corporation
Petroliam Nasional Berhad
PT. PLN Nusantara Power
POCATOM
SembCorp Industries
TGS Green Hydroge

調査概要

調査目的|幅広い国・地域の水素関連政策を調査し、水素市場における日本の位置付けを分析
調査対象|水素関連の海外政府施策・推進組織・関連企業
調査範囲|グローバル市場
調査手法|業界ヒアリングおよび公開情報調査をベースに専門市場調査員が整理・分析
調査期間|2023年4月~2023年6月
調査実施|アックスタイムズ株式会社

事前にレポート内容を確認することはできますか?

[A. コンサルタントとのオンライン面談でのご確認]
コンサルタントとのオンライン面談を設定いたします。試読の範囲で、レポート全体のご紹介が可能です。(無料)

[B. 会員向け情報ナレッジサービスでのご確認]
事前に会員登録が必要となります。弊社が任意で付与する無料ポイントの範囲で内容をご覧いただけます。

お問い合わせフォームまたはWEBチャットでご連絡ください

制作チーム

axetimes

│担 当│アックスタイムズ株式会社 新時代エネルギー・脱炭素テック担当

│略 歴│主に国内外のエネルギー・脱炭素領域の調査を実施。再エネ・省エネ・蓄エネ、電力システム改革・ガスシステム改革、脱炭素・SDGsなどのテーマについて、数々の調査を実施。デバイスレベルからエネルギー事業者、政策まで、エネルギーと脱炭素周りの領域を範疇としています。

│実 績│(公開可能な実績の一部を掲載)
CO2ケミカル・燃料化技術の最前線と戦略・市場の将来展望 2023年版
海外の水素関連政策から読み解くグローバル水素市場の展望と日本の位置付け
脱炭素を推進する米国スタートアップ391社 及び 次世代技術トレンド徹底調査
脱炭素関連国内注目スタートアップ110社の事業動向・技術キーワード調査
デジタルプロダクトパスポートのグローバル政策・業界対応・市場動向に関する調査 2023年版
[米国版調査] カーボンニュートラル政策の取り組み実態と将来展望
※米国版に加え、欧州版中国版インド版ドイツ版イギリス版を発刊しております。

関連する内容で個別依頼のカスタム調査は可能ですか?

[A. 市場調査代行で対応いたします]
御要望に応じた仕様書に沿ったカスタム調査を実施します。調査対象・目的が明確な場合に適しています。

[B. 伴走型情報支援サービスで対応いたします]
月極契約(サブスク)で貴社の事業開発に伴走支援します。専門的な知見やリサーチの手が不足しているときに適しています。

お問い合わせフォームまたはWEBチャットでご連絡ください

商品概要

[水素戦略・市場展望シリーズ 第2弾]海外の水素関連政策から読み解くグローバル水素市場の展望と日本の位置付け


[発刊日]
2023年6月6日

[体 裁]
PDF_Slide16:9_110pages(レポート部分は101pages)

[税込価格]
事業所ライセンス版PDF  99,000円(税抜90,000円)
企業ライセンス版PDF   148,500円(税抜135,000円)
グループライセンス版PDF 247,500円(税抜225,000円)

[セット値引]
姉妹レポートのセット購入で、後で購入した方の税抜価格から10,000円を引いてご請求書を発行します。
(セット対象:[水素戦略・市場展望シリーズ 第1弾]水素エネルギー陣営・政府の戦略と市場の最前線)

[ご担当者様へ]
エネルギー市場のビジネスにおいて、水素に関する動向把握は避けては通れないものとなっています。
諸外国の水素政策を通して、グローバル水素市場の動向と日本の位置付けを把握し、ビジネスチャンスの想起にお役立てください。

グループライセンス版のご案内

オプション:オンライン説明会

調査担当者より貴社のフォーカスに合わせた説明を実施/質問も自由で調査報告書に掲載していない裏話が聞けることも特徴です
こうした方にオススメ:調査担当者からの説明で理解を深めたい方、調査報告書を読む時間がない方
(ご参加は5人以内でお願いしておりますが、事前相談により調整が可能です。なお、原則、録画・録音・撮影等はお断りしております)
(専門家調整やスケジュールなどの状況次第で応じられない場合もございます。発注前に可否を確認されたい場合、事前にお問い合わせください)

(ご発注から2カ月以内の日付にて開催をお願いしております。お客様側の日程調整・参加者調整等の不調によるキャンセルはお受けできかねます)

[特記事項]

  • 本商品は法人・機関様向けのみに販売しております。個人の方のお申し込みはお受けできません。
  • お申し込みは、商品紹介サイトのWEBフォームまたは申込書のメール添付(PDF)にてご連絡ください。
  • ご注文後に弊社からの連絡を以って受注とさせていただきます。
  • お支払いは請求書払いにてお願いしております。
  • お見積書・ご納品書などが必要な際は、お問い合わせください。
  • ご請求書などの証憑は、原則PDFにてご提供しております。紙での証憑が必要な場合、通信欄にてお知らせください。
  • 電子データ商品(PDF等)はダウンロードサイトまたはメール添付にてご納品します。
  • 通常、3営業日以内のご納品となります。お急ぎの際は当日・翌日対応も可能ですので、通信欄にてお知らせください。
  • 情報・データ等の商品の性質上、ご納品後のキャンセルや返品はお受けできません。

[調査レポートの利用規約]

ライセンスごとの適用範囲はどのようになっていますか?

[ライセンスの取り扱いにつきまして]
「企業ライセンス版」が標準推奨となります。事業所内に利用者を限定できる場合のみ「事業所ライセンス版」をご選択ください。
「事業所ライセンス版」をお求めの際は、お申し込み時のご住所でご利用ください(ライセンス権の移転はできません。ただし、事業所の拠点自体が移転した場合は移転先)。なお、購入部門と利用事業所が異なる場合、お申し込みの際に通信欄にてお知らせください。
「グループライセンス版」のグループ企業には、議決権66.7%以上の資本が入る国内外の子会社、議決権66.7%以上の資本を受ける親会社を含みます。実際の共有範囲につきましては、お申し込み時の企業にて管理できる範囲でご利用ください。お申し込みの際に共有されるグループ企業をお知らせください。なお、共有範囲の違反が判明してからの追加はご遠慮しており、共有範囲に変更が生じる際は事前にご相談ください。
子会社:直接子会社のみが含まれ、孫会社(子会社の子会社)は含まれません。
親会社:直接の親会社のみが含まれ、祖父会社(親会社の親会社)は含まれません。
注. 企業ユニットが異なるカンパニー制の企業グループで共有される場合、グループライセンス版をご選択ください。

PDFダウンロード - 印刷用 または ファイル共有用としてご利用ください

「社内共有資料」または「稟議時の添付資料」としてご利用ください

※ Googleドライブのダウンロードリンクでのご案内となります

お問い合わせフォーム

お問い合わせ件名

[水素戦略・市場展望シリーズ 第2弾]海外の水素関連政策から読み解くグローバル水素市場の展望と日本の位置付け

    ご希望(必須)

    ご選択(任意)

    通信欄(伝達事項・御要望など)(任意)

    ご連絡先

    貴社名(必須)

    ご部署名(任意)

    ご芳名(必須)

    ご住所(サービス提供に必要な場合、必須)

    メールアドレス(gmail以外。gmailは届きません)(必須)

    TEL(直通電話番号もしくは代表電話番号)(必須)

    FAX(任意)


      (リンクを別タブで表示します)

    セキュリティ設定などの要因により、送信を完了できないことが御座います。
    その場合、恐れ入りますが、電話またはWEBチャットにてお問い合わせください。