脱炭素の仕組み「クレジット・電力証書・ラベリング・イニシアチブ」に関する調査

脱炭素を促す「クレジット・電力証書・ラベリング制度」の網羅的な内容、多様な「イニシアチブ」とトレンド、日本の政策を整理しました。
GX推進に関連する仕組みについて、この一冊で体系的な理解を深められます。

発刊日:2022年12月21日 制作:アックスタイムズ株式会社

脱炭素の仕組みを体系的に理解するための制度情報を整理

脱炭素の仕組み「クレジット・電力証書・ラベリング・イニシアチブ」に関する調査
  • 脱炭素は世界主要国の首脳が合意した取り組みで、次のマーケットテーマとなっています。
  • その脱炭素の仕組みを創り出しているのが、クレジットや電力証書、ラベリング、イニシアチブといった制度です。
  • クレジットは経済的価値を認識させ、電力証書は再エネへの取り組みを想起させ、ラベリングは消費者からの信頼を生み出し、イニシアチブは企業の取り組みを評価します。
  • 本調査はGXビジネスへの参画を検討されている企業様向けに、「クレジット・電力証書・ラベリング」や「イニシアチブ」などの制度の体系的な理解を高める情報を提供することを目的に実施しました。

本レポートから得られる内容

  • 脱炭素を促すクレジット・電力証書・ラベリング制度の網羅的な内容
  • 多様なイニシアチブとトレンド
  • 日本の取り組みについて

こうした方にオススメ

  • エネルギー会社やエンジニアリング会社、メーカーなどの研究者
  • 脱炭素関連のビジネスを企画する立場の方
  • クレジット・電力証書・ラベリングを組み合わせたビジネスを検討したい方

目次

クレジット・電力証書・ラベリング編

  1. 脱炭素・低環境負荷を示すクレジット・電力証書・ラベリング
  2. クレジットの種類・取引方式
    (種類:公益クレジット(国連、二カ国間、地域内、国内制度)/ボランタリークレジット)
    (取引方式:ベースライン・アンド・クレジット方式/キャップ&トレード方式)
  3. 主要クレジット・電力証書(国内・海外)
    (クレジット分類:ベースライン・アンド・クレジット方式/キャップ&トレード方式)
  4. クレジット・電力証書の比較表(国内)
    4-1. グリーン電力証書
    4-2. J-クレジット
    4-3. 非化石証書
  5. 電力証書の比較表(海外)
    3-1. GO(Guarantee of Origin)
    3-2. REC(Renewable Energy Certificate)
    3-3. I-REC(International Renewable Energy Certificate)
  6. 京都メカニズム(AAU/RMU/ERU/CER)
  7. 京都メカニズム(共同実施/クリーン開発メカニズム/排出量取引)
  8. ボランタリークレジットとは
  9. VCS・GS・ACR・CAR比較表
  10. ラベリングとは
  11. ラベリングとクレジットの比較
  12. ラベリング比較表(Green-e Energy/EKOenergy/EU Eco-label)

イニシアチブ編

  1. イニシアチブとは
  2. イニシアチブの変遷
  3. ニシアチブ比較表
    ・国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)
    ・GRIフレームワーク(Global Reporting Initiative)
    ・CDPフレームワーク(Carbon Disclosure Project) 
    ・MDGs(Millennium Development Goals)
    ・CDSBフレームワーク(Climate Disclosure Standards Board)
    ・IIRCフレームワーク(International Integrated Reporting Council)
    ・SASBスタンダード(Sustainability Accounting Standards Board)
    ・GHGプロトコル(Greenhouse Gas)
    ・RE100(Renewable Energy 100%)
    ・SBT(Science Based Targets)
    ・SDGs(Sustainable Development Goals)
    ・TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)
    ・JCI(Japan Climate Initiative)
    ・SPI(Sustainable Product Legislative Initiative)

日本政府の施策集

  1. 政府による宣言
    2030年目標
    2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略
  2. 政府による政策 -政府主体-
    RE100の推進
    夏季の省エネルギーの取組について
    GXリーグ
  3. 政府による政策 -家庭などへの呼びかけ-
    COOL CHOICE
    ゼロカーボン・ドライブ
    サステナブル・ファッション
    ゼロカーボンアクション30
  4. 政府による政策 -地域や企業に対しての施策-
    地球温暖化対策のための税
    金融のグリーン化推進事業
    エネルギー対策特別会計を活用した再エネ・省エネ導入推進
    ビヨンド・ゼロを目標とする気候変動問題の解決に向けた3つのアプローチ
    みどり食料システム戦略
    グリーンイノベーション基金事業
    ゼロカーボンシティ実現に向けた地域の気候変動対策基盤整備事業
    トランジション・ファイナンス基本指針
    地球温暖化対策推進法の一部改正
    地域脱炭素ロードマップ
    脱炭素先行地域を作る
    脱炭素の基盤となる重点対策の全国実施
    カーボンニュートラルに向けた投資促進税制
    自動車の電動化推進
    再生可能エネルギー特別措置法の改正
    エネルギーの使用の合理化等に関する法律の一部改正
    脱炭素化支援機構の設立

調査概要

調査目的|脱炭素の仕組みを体系的に理解するための制度情報等の提供
調査対象|クレジット、電力証書、ラベリング、イニシアチブ、政府施策
調査範囲|国内および海外
調査手法|業界ヒアリングおよび公開情報調査をベースに専門市場調査員が整理・分析
調査期間|2022年6月~2022年12月
調査実施|アックスタイムズ株式会社

制作チーム

axetimes

│担 当│アックスタイムズ株式会社 新時代エネルギー・脱炭素テック担当

│略 歴│主に国内外のエネルギー・脱炭素領域の調査を実施。再エネ・省エネ・蓄エネ、電力システム改革・ガスシステム改革、脱炭素・SDGsなどのテーマについて、数々の調査を実施。デバイスレベルからエネルギー事業者、政策まで、エネルギーと脱炭素周りの領域を範疇としています。

│実 績│(公開可能な実績の一部を掲載)
戸建住宅の設備・エネルギー及び太陽光発電・蓄電池の利用実態に関する調査
[米国版調査] カーボンニュートラル政策の取り組み実態と将来展望
[欧州版調査] カーボンニュートラル政策の取り組み実態と将来展望
[中国版調査] カーボンニュートラル政策の取り組み実態と将来展望
[インド版調査] カーボンニュートラル政策の取り組み実態と将来展望

商品概要

脱炭素の仕組み「クレジット・電力証書・ラベリング・イニシアチブ」に関する調査


[発刊日]
2022年12月21日

[体 裁]
PDF_Slide16:9_40pages

[税込価格]
事業所ライセンス版 PDF 55,000円
企業ライセンス版  PDF 82,500円

[特記事項]

  • お申し込みは、商品紹介サイトのWEBフォームまたは申込書のメール添付(PDF)にてご連絡ください。
  • お見積書・ご納品書などが必要な際は、お問い合わせください。
  • 購入検討にあたり、レポート内容の確認をご希望の方は「オンライン会議」にて対応いたします。(無料)
  • 本商品は法人・機関様向けのみに販売しております。個人の方のお申し込みはお受けできません。
  • 商品PDFはダウンロードサイトまたはメール添付にてご納品します。
  • 通常、3営業日以内のご納品となります。お急ぎの際は当日・翌日対応も可能ですので、通信欄にてお知らせください。
  • お支払いは請求書払いにてお願いしております。

[ご担当者様へ]
GX(グリーントランスフォーメーション)の流れは加速し、国連や地域、国の取り組みは、民間レベルへの広がりつつあります。
数年後の脱炭素ビジネス時代を見据えて、制度の仕組み理解向上やビジネス機会の想起などにお役立てください。

脱炭素の仕組み「クレジット・電力証書・ラベリング・イニシアチブ」に関する調査

PDFダウンロード - 印刷用 または ファイル共有用としてご利用ください

「社内共有資料」または「稟議時の添付資料」としてご利用ください

※ Googleドライブのダウンロードリンクでのご案内となります

お問い合わせフォーム

お問い合わせ件名

脱炭素の仕組み「クレジット・電力証書・ラベリング・イニシアチブ」に関する調査

    ご希望(必須)

    ご選択(任意)

    通信欄(伝達事項・御要望など)(任意)

    ご連絡先

    貴社名(必須)

    ご部署名(任意)

    ご芳名(必須)

    ご住所(サービス提供に必要な場合、必須)

    メールアドレス(gmail以外。gmailは届きません)(必須)

    TEL(直通電話番号もしくは代表電話番号)(必須)

    FAX(任意)


      (リンクを別タブで表示します)